文系出身で
事務職志望だった私が、
技術専門職になるなんて。

安全性解析
松原美穂 2015年入社

安全のために、故障させる。

私は、安全性解析チームに所属し、航空機の油圧システムのさまざまな箇所が故障したらどうなるか、検証を行っています。航空機は、たとえエンジンが止まってもしばらくは飛行できるんですが、仮に油圧システムがすべて失われると操縦できなくなってしまうんです。「内圧を故障させるとどうなるか?」「着陸時に物理的ショックが加わるとどうなるか?」無数の故障パターンを検証し、症例をまとめています。すべては、どんなことがあっても乗客やクルーが安全に目的地に着くため。…なんてカッコつけて言ってますが、入社前は航空機の技術的知識はまったくない、文系の学生でした。

技術職は手に職をつけて、ずっと働ける。

小さな頃、好きなキャラクターがデザインされた飛行機を見に、父親に空港まで連れて行ってもらったり、CAのドラマを観たりと、飛行機への親近感はずっと持っていました。就職活動では事務系の仕事を探していましたが、しっかりした教育体制で、文系でも技術職を目指せる当社を知り、チャレンジしてみることに。同期の半分、6名が女性です。手に職をつけられるので、結婚、出産、子育てなどのライフイベントによってキャリアを諦めることなく、仕事を続けられることは魅力ですね。同じ内勤のデスクワークでも、事務職ではなく、やりがいある技術専門職を選んで良かったと思っています。

  • 今飛び立った航空機に自分が関わったんだと、鳥肌が立ちました。
  • 部品1点につき500の検査項目。「安全に飛ぶ」という、当たり前を支える。
  • 飛行機が好き。でも、開発する側に行くとは思ってもいませんでした。
  • 文系出身で事務職志望だった私が、技術専門職になるなんて。
  • 設計はやりがいのある仕事。製品が世の中に出たら見てみたいです。
  • 昔に習った公式がこんな分野で役立つなんて。毎日が発見です。
  • 航空機業務から自動車業務へ。空と陸でもお客様第一主義。
pagetop